第10回ウディコンに参加しての感想①

第10回ウディコンに参加しての感想とか結果とかを、備忘録的な感じで残したいと思います。
で終わります。
今回は順位とか私の感想、エターナる歴、制作期間中について書きました。

順位とか私の感想とか

・「パティシエになるのだ!」という短編お菓子作りゲームを作りました。
・総合31位、他の部門では(熱中度とか)順位に入ってませんでした。
・ダウンロードクリック総数は380、総コメント数は44でした。
・初めて完成させて、自分以外の人にプレイしてもらったゲームです。

・ゲームを完成できない人だったので、とにかく出せて良かったです。思ってたより沢山プレイしていただけてびっくりしました。
・感想がもらえてすごく嬉しかったです。特に楽しいとかそういうの。初めて感想を見つけた時、会社で飛び跳ねるくらい喜びました。
・もうとにかく色々今回出してよかったな! と強く思いました。

今回のウディコンの期間とかも書いておきます。2018年の話です。
【エントリー期間】
7/22(日)0:00くらい~7/28(土)23:59
【一般投票期間】
7/29(日)0:00~8/18(土)23:59
投票コメントまとめメールは8/19(日)の0:10くらいに来ました。
【修正可能期間】
投稿~8/22(水)21:00
【結果発表】
8/22(水)21:00?
ツイッターでの12位以上カウントダウンは19:00~21:00くらい
順位、得点のメールは22:00くらいに届いてました。

エターナってた期間

・ゲームつくりたいなー出したいなーと思い始めたのは、コンパクがテックウィンに移る前の…2001年くらい。
・は? 2001年って17年前じゃん?
・まあとにかくその間、私はツクールとかのデータベースを埋めたり、設定やオープニングやマップをちょっと作って飽きたりしてたのです。
・こ、これってあるあるじゃないですか?

・しかし色々あり、作れるうちに何か作って出そう! と思い、もうとにかく「このゲームやばいな…」みたいな状態でも絶対に出そう! 強引にENDを付けて出そう! と今回は決めて作り始めたのでした。

制作① 名前はちゃんとつけよう

・悪い癖である「計画性のなさ」「すぐ飽きる」「後回し」のせいで、とにかくギリギリ制作、投稿でした。
・夏休みの宿題的な…ね。

・5月くらいから本格的に作成開始。
・グーグルスプレッドシートにまとめよう…と思ったら、3年前にも同じゲームを作ろうとした跡を見つけ、複雑な気分に。
・お菓子作りゲーで画像が変わるのはあまり見かけない気がしたので、とりあえずこれで行こうということに。
・アイコンはいつのだかわからんものが沢山あった。スマホのアプリのドットピクトで作りました。

・5月~6月はケーキイラストをとにかく作っていた。最初は今の倍以上のケーキ・素材の種類を作ろうとしてたが、色変えもイラストを描くのも面倒すぎたので減らした。
短編ゲーム的にはもっと減らした方がまとまったかも。
・この画像の名前に法則性がなくて、ウディタで表示させるのがすごく面倒になった。

・6月末~7月頭はいつのだかわからんウディタを引っ張り出し、とりあえずケーキを表示させるコモンを組んだ。このコモンが作るのが一番大変だった気がする。
・計算、表示、移動など、すべてを一つのコモンにぶち込んでいるため、あとからの修正が一番面倒なコモンになってしまった。
・このころ、かなり真面目にスマホゲーのイベントを走っていた。来年も同じ時期にありそうなので注意が必要。

・7月以降は急に焦りだし、他のシステムとかキャラチップを作っていた。しかし、システムを考えながら作っていたため、色々あやしかった。
・主人公と相棒の会話がアホっぽすぎて心配になる。
・変数に名前を付けていないことが多く、訳がわからなくなる。
・コモンの名前と位置に法則性がなく、訳がわからなくなる。
・ループ処理(と回数付きループ)の存在にギリギリまで気づかず、ずっとラベルジャンプと変数で回数を数え、地道にループを作っていた。
・なんか可愛いな~と思い、メッセージウィンドウを2行にしたが文字数が少なく、あとで自分の首を絞めることになる。

制作② 削りまくる

・7月中頃、考えていた仕様では間に合わないと気づく。遅い。
~諦めた仕様一覧~
・町のマップ、普通に歩ける予定だった
・お店とか家を半分以下に減らした
・顔グラフィック
・住人にケーキをあげる、好感度イベント、住人の細やかな会話
・部屋や店の模様替え
・主人公以外の正面以外のキャラグラ(全員正面固定、足踏みもない)
・町の季節のイベント
・ライバルとの競い合い
・男主人公の存在
・主人公、他のキャラの誕生日イベント
・オンラインアップデート
・SE(効果音)、アップデートでつけた
・アイコンの間違い(作ってなかった)、アップデートで直した
・主人公と蛙の名前以外を考えないことに、他

・こんなに削るなら次回にすれば…? と一瞬考えたが、とにかく出すと決めたのでとにかく出すことに。
・ゲームをこんなに最後の方まで作ったことがなかったので、どのぐらいかかるかの予測がガバガバでした。
・まあメインのケーキ作りはできるから!

制作③ 直前にバタバタする

・7月下旬は、システムの仮数値を埋めたり、テストプレイしたり、謎の余裕で何もしなかったり(!)と不可解な行動も多かった。
・焦りすぎて何もしないという謎行動。

・27日の夜、締切が29日ではなく28日までであることに気づき、慌てる。28日は朝以外パソコンを触れないため、朝早起きして気合で提出した。
・ゲームデータの書出とか、圧縮の仕方がわからず手間取る。

・提出をする直前に、またこんな状態で出していいのか? と思い始める。
・非常に恥ずかしい話ですが、エターナる歴が長いのもあるのか、ここまできたら(?)最初からすごくいいものを出したい、という謎の考えが結構前からあるんですよね。ちゃんと作れるようになってから作ろう、みたいな…見栄っ張りというか、自分を高く見積もりすぎというか。怖い。
・でも、それで今まで一つも完成させられなかったんだから、もうとにかく出す! と勢いで提出。
・勢いで出してよかったです。

・これで不備があって引っかかったら、修正できないからおしまいだな…と思ったが、不備はなかったらしく無事掲載されてました。

次回の感想②に続きます。
投稿のことや、投稿後のこととかを書くつもりです。